読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知恵蔵日記( ..)φ

http://ameblo.jp/lavenderroom2009/ ←猫家知恵蔵著「Veganという生き方」はこちらから(*^^)v

ひとつひとつ乗り切っていこうと思います。ひとつひとつ、地味に地道に、確実に。

Netflix野武士のグルメお題「ひとり飯」

(この行を消してここに「ひとり飯」について書いてください)

はい。ヴィーガンの人とでないと、一緒には無理なので。

f:id:lavenderroom0318:20170130153210j:plain

 

まあ、あれやこれや、いろいろしながら生きています。仕事、勉強、活動、あたまのなかを整理しながら、どうにかやってます。雨続きで洗濯ものが乾かないのが、困るけど、それが「困る」くらいだから、基本的に恵まれていて幸せなのだと思います。

 銀行とか歯医者とか、美容室とかそういう行かなければならないところには行くわけですよね、生きているわけだから。で、待合室では雑誌などを読みます。ファーなどが使われていないかチェックするという目的もあり、日経ウーマンなども読み、今どきの働く女性のあれこれを読んだりもします。ファッション雑誌でちょっとショックだったのは「4月は春だから、タイツは全力回避」というテーマがあったことです。わたしはぎりぎりまで黒タイツ履いてますね。4月は肌寒いので。連休くらいまでは履いてます。冷やしたくないから。だから「全力回避」の意味が分かんなかったんですよね。タイツを脱げば「春コーデ」になる、というその意味が。そうやって、それを真に受けて、風邪をひいたり、春物を買わされたり、持ち物を増やされたりさせられているんだろうと思います。くだらないですよ、ほんと。タイツさえ履いていれば、コートを脱いでも大丈夫なわけで、できれば履いていたほうがいいと思いますね、わたしは。

 今朝未明、揺れました。去年のことを思い出しました。生きていくのはたいへんですよ、ほんと。だから、くだらないことに振り回されたり、出費させられたりするのをやめないと、いくらでも大変になります。ミニマムであることは省エネです。

 いろいろすることがあって、大変なんだけれども、でも、まあ、ひとつひとつ乗り切っていこうと思います。ひとつひとつ、地味に地道に、確実に。

 

 

f:id:lavenderroom0318:20170205100908j:plain

日本の問題は世界の問題でもあるので、シェアしてもらったり、署名を集めたりするには、やはり、いいツールだと思います。語学も磨かれます。

https://www.facebook.com/she.chie.75

ある、必要があって、FBを再開しました。

毎日、世界中のみなさんとやりとりすることになり、非常にエキサイティングです。

日本の問題は世界の問題でもあるので、シェアしてもらったり、署名を集めたりするには、やはり、いいツールだと思います。語学も磨かれます。

それ何語?っていうのもしょっちゅうで、楽しいです。

 

f:id:lavenderroom0318:20160719095321j:plain

とにかく書く、書く、書く。で、出してしまう。まず、出す、で取捨選択して、なにを残すか考える。で、残ったものを使いこなす。

デトックスデトックスと連呼されているが、ほんとうに大事なデトックスデトックスの本質は「脳内」デトックスだろうと思う。部屋や収納をすっきりさせ、身体をすっきりさせ、腸内を洗浄して、というのは脳内のシンプル化へ至るための手順でしかない、とわたしは思う。そして、もちろんだが、脳内デトックスが最も手ごわい。これに比べれば、部屋の片づけなんて、具体的で初級で、なんてことない。

 脳内にはあれこれいろんなものが詰まっている。思い出したくないこと、忘れてしまっていたこと、なかったことにしたいこと、がわんさか詰まっている。でも、それに向き合うことで、自分がわかるし、次にすることが見える。というか、そうしないと見えない。だから、ここはどんなに忙しくても、いや、忙しい人ほど、やるべきことなんだと思う。この、春先の連休なんかに。

 ブログだとやはり、いろいろかっこつけてしまうし、なんでも書く、というわけにはいかない。だから、やはり、手帳やメモ、ノートなどを活用するのがいいと思う。わたしの場合は、持っているノートや手帳、すべて出してきて、用途別にした。持ち歩き用とか、仕事用とか、かんたんな日記とか、翻訳の下書きとか。なので、紙類もかなり整理できた。なんでも同時に片付いていくものだ。

 そして、何でも書く。とにかく書く。いろんなサイトや活用本も参考にして、付箋なども使って、書く。中古本のサイトから取り寄せたりもした。使っていないポイントで買うので安かった。で、書く、書く、書く。

 インプットは誰でもけっこうある。学校に行くし、まあ、なにかしら読んだりするし、いろいろ頭のなかには入っている。で、そのままっていうケースが多い。買ってきて、そのまま押し入れ、で忘れている、というようなかんじ。もったいない。

 だから、アウトプットが大切になる。こっちはたいへんだ。買ってくるのは簡単だが、それを開けて、説明書を読み、設置し、接続し、使いこなし、…と頭を使う。知識だってそうだ。使ってはじめて「役に立った」と言えるのに、そうでないものばかりが詰まっていたら、頭も使いにくくてしかたない。だから、出す、出す、出す。

 で、これはきつい。ほんとうに体力を使うので、それ以外のことができない。頭がぼーとする。痛い。体が悲鳴を上げる。好転反応だ。でも、ここを乗り切る。それしかない、と自分にいい聞かせる。甘いものが食べたくてしかたなくて、しょっちゅう饅頭とか団子のイメージが浮かぶ。

 そういうあれこれを、やっていくうちに、なんとか、自分のものになっていく。ほんとうに知識が活かされ、道具になっていく。わたしは、道具が必要なんだ、とわかる。

ノートだってメモだって、そのへんにたくさんある。裏紙をカットしても作れる。

だから、とにかく書く、書く、書く。で、出してしまう。まず、出す、で取捨選択して、なにを残すか考える。で、残ったものを使いこなす。

 という日々なので、ほんとうに毎日おつかれなわたし。

 

f:id:lavenderroom0318:20170130092140j:plain

ameblo.jp

高校は、多くの人が卒業している。しかし、授業内容を完全に理解して卒業する人は少ないだろうし、いないだろう。10代の若者には経験がないから無理なのだ。だから、高校を卒業したと、言ったところでなんの意味もない。

www.nhk.or.jp

↑いいサイトを見つけました。人生は長い。よくも悪くも長い。しかも、時代がこんなに急激に変わるのだから、知識はどんどん古くなる。ということで、切実に知識不足を感じているので、どうにかしたく、このサイトから始めることにした。

 よく高校時代の夢を見る。焦っている。試験は近いのになにも理解していない。走っている。焦っている。そんな夢を見る。だったら、夢のお告げ通り、ちゃんと勉強すればいいんじゃないか、と思いたった。仕事とか活動とかに役に立つ。大学でなくて、高校というのがいいと思う。

 高校は、多くの人が卒業している。しかし、授業内容を完全に理解して卒業する人は少ないだろうし、いないだろう。10代の若者には経験がないから無理なのだ。だから、高校を卒業したと、言ったところでなんの意味もない。わたしの場合は、ひたすらセンターの黒丸を塗りつぶして終わった気がする。だから、実用系、商業系の知識はもちろんまったくない。普通高校・進学校系の人間は現場のことはなにも知らない。

 だから、まあ、基本的なボキャすらない。PCのキーボードの操作さえちゃんと習ったわけではない。だからわたしたちは、そういう実務系のことにからきし弱い。なので、遅ればせながら、その辺からやっていく。それは、きっと、なにか明日につながることだから。

 

f:id:lavenderroom0318:20160902071959j:plain

www.rakuten.co.jp

新品でなくていい、みんなで使えばいい、買わなくていい、持っているもので工夫すればいい、という発想にシフトした人から順番に生きやすくなっていく。

 ドラッグストアの売り上げが、百貨店を上回った、というニュースを読んだ。これはいろんなことを意味すると思う。まず、何と言っても、ドラッグストアには衣類の販売がない。つまり、人が服を買わなくなった、ということだと思う。実際、用事があって百貨店などに行っても、総菜売り場とか、東急ハンズとかは混んでいても、それ以外は空いている、というか販売スタッフしかいないというかんじの平日だったりする。

 実際要らないのだ、衣類はもう。わたしはほぼ、リサイクルショップでの売買ですべてを済ませている。捨てなくていいし、高価な新品を買わなくていいし、環境負荷をかけなくていいので、罪悪感がない。

 わたしのようなタイプは増えてきていると思う。そりゃあ、リップクリームとか爪磨きは買うからドラッグストアには行く。だから単価が安くても、ドラッグストアのほうが、百貨店より売り上げがあるんだろう。わたしのようなタイプでも行くんだから。

 冬だって別に百貨店に行かなくても防寒できる。黒タイツを履いて、インナーをちゃんと着て、あとは重ね着すればそれでいいわけだから。これもドラッグストアで買える。

 脱消費路線で生きていく知恵を身に付ければどうにかなる。なんでも「新品を」「自分のために」「買う」というのはエシカルとは対極の姿勢なわけですよ。新品でなくていい、みんなで使えばいい、買わなくていい、持っているもので工夫すればいい、という発想にシフトした人から順番に生きやすくなっていく。

 外国の人のドラッグストアでの爆買いももうなくなってきているそうだ。彼らだってもうモノは買ってしまった。あとは良質なサービスや情報、癒しを求めてやってくる。

そういう場所をわたしたちが創っていけるかどうか、なんだと思う。エシカルに。

 

f:id:lavenderroom0318:20170205100908j:plain

 

matome.naver.jp

できることを、それぞれが毎日毎日生活のなかで、ひとつひとつやっていく。

www.youtube.com

 

↑こういう動画って、実は大人向けなんだと思うんですよね。

できることを、それぞれが毎日毎日生活のなかで、ひとつひとつやっていく。

結局それしかないんじゃないか。

それを積み重ねているうちに、なにかぽーーんとひらめいたりする。

それをやっていくしかないんじゃないか。

 

そんなことを最近思います。

 

 

 

matome.naver.jp

f:id:lavenderroom0318:20170205100908j:plain

ちゃんと生きたいから、目の前のことひとつひとつをちゃんとする。それを積み重ねていく。

 とりあえず、一呼吸置きたいので、ブログを書くことにする。書くことは精神の深呼吸のようなものだとわたしは思う。書くことで明確になることというのは多い。そうすることで、わたしは次になにをすればいいのかが、すっと見えてきたりするから。

 やりたいこと、やるべきことをやらなければ生きている意味なんてない、とわたしは思う。ある友人のツイートで「生きてればそれでいい」なんて嘘だ、ちゃんと生きなければ意味がないみたいなことを書いていて、わたしもほんとうにそう思う。ちゃんと生きたいから、目の前のことひとつひとつをちゃんとする。それを積み重ねていく。

 そのために、その過程として、じぶんのことをちゃんと知る。そうすると、いままで好きだったモノ、もの、者が好きではなくなる。というか、いままでだって別にすきではなかったのに、なにも考えてこなかっただけなんだ、とわかる。分かってしまう。それは、けっこう切ないことだったりするんだけど、でもちゃんと生きているとそうなる。なにかを卒業するにはいい季節だ。

 

 さて、まずはお茶でものもう。わたしはコーヒーをやめようと思っている。

 

 

f:id:lavenderroom0318:20170130153210j:plain

now.ameba.jp