読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知恵蔵日記( ..)φ

http://ameblo.jp/lavenderroom2009/ ←猫家知恵蔵著「Veganという生き方」はこちらから(*^^)v

映画を貫くシスターフッドの精神、女性の自立、キャリアと人生、最期を迎えるということ。

キャメロン・ディアスが大好きで、彼女が出ている映画はほぼ観ていると思う。

最近、なんとなく繰り返して観ているのが「インハーシューズ」で、これは何度見てもいい。まず、画がいい。キャストがいい、脚本がいい。そして、なんといってもキャメロンがいい。これは彼女以外の主役はありえないと思う。あの世代で、キャメロンと似た感じの役者はいない。彼女は彼女でしかない。でも、どの作品もそれぞれ違う。もともと賢いから、賢い役もできるんだけど、でもあのちょっとおバカな感じをやらせたらもう、右に出るものはいない。なんで、こんなにうまくやれるんだろう。

 まじめで優等生な姉ローズ役のトニ・コレットも素晴らしい。彼女もわたしの好きな役者で、この姉妹の対象性がこの映画を貫いており、姉も妹もどちらもわたしで、いろんな場面で自己投影してしまう。わたしはたぶん人から見たらローズのほうだと思われがちだろうけれども、でもわたしは、妹マギーのほうに感情移入する。それは、キャメロンの役者魂によるものだと思う。

 祖母役のキャーリー・マクレーンがまたすばらしい。わたしが好きなのはマギーとこの祖母の交流の場面で、ほんとうにこの二人の組み合わせはすごい。表情、間合い、すねる孫と、孫を思う祖母。祖母の運営するシニアハウスもすごくいい。フロリダの開放的な雰囲気、シニアなみなさんと、ぴちぴちのマギーとのあれこれも、すごくいい。

 この映画はジャンルで言えば、「ラブコメ」なんだろうと思う。そういう観方もできるだろう。ただ単にセクシーなキャメロンが見たい、とかそういう欲望も満たすだろう。でも、そんな底の浅い見方ではほんとうにもったいない。映画を貫くシスターフッドの精神、女性の自立、キャリアと人生、最期を迎えるということ。

 そんなあれこれがすべて詰まっている。このころのキャメロンは、美貌としてはピークだと思う。でも、役者としてほんとうに素晴らしいから、これからもいろんな役をしてほしい。ほんとうに。

 

ちなみに、キャメロンは動物が大好きで、ベジタリアンだということです。

 

 

f:id:lavenderroom0318:20160426162003j:plain

そういうのが行き過ぎた結果が動物たちを苦しめ、環境を破壊しているわけだから、もう現代となっては正当化させられるべきではないんだと思う。

動物たちのことを知って、ヴィーガンになって、ほんとうによかったんだよね。

ヴィーガンっていうと、食べ物のことが多く話題になるけど、わたしの場合はやはり衣類に対してもかなり、いろんなことを考えるようになった。

「自分をよく見せたい」「何者かに見せたい」という気持ちは分からないでもない。まあ、そうやって生きている人のほうが多いだろうから。でも、そういうのが行き過ぎた結果が動物たちを苦しめ、環境を破壊しているわけだから、もう現代となっては正当化させられるべきではないんだと思う。

 そもそも、衣類とは、着なければならないから着るのであって、それ以上のものではないだろう。暑さ寒さを凌いだり、生活をしていく、それだけのものだろうと思う。なのに、食べ物同様、過剰に意味付けされ、生産され、買わされ、捨てられている、というのが現状で、このサイクルを、一人一人が抜けていくしかないんだと思う。

 わたしは、毎日同じようなのを着ている。水洗い1回で、洗剤も使わない。洗って、干して、着る。重ねれば1年じゅう着れる。春物とか、秋物とか、そういうカテゴリーをなくす。日本はそれが過剰だと思う。なにかパーティみたいなのをするにしても、普段着で集まれるようなものだけにすればいいと思う。祝い事にしたって、その人が持っている服の中でいちばん素敵な着こなしをすればいいと思う。喪に服するにしたって、「こうでなければならない」というのはないだろう。というか、ほんとうに悲しんでいれば、服なんてどうでもいいはずだ。

 買い足すにしても、確実に着るものだけ、少しずつ買えばいい。まとめ買いはやめればいいと思う。まとめ買いがお得とはいえ、買うのだから、お金を払うわけだし、着なければお得ではない。

 

 昨日、商品券をもらったので、ジャージを買った。ジャージはいい。走れる、歩ける。ストレッチができる。紺色とかなら仕事でも着れる。年中着れる。洗える。移動のときも疲れない。

 

GWはフリマとかが各地であるだろうから、そういう場所で売買する人がもっと増えるといいなと思います。

 

 

f:id:lavenderroom0318:20160808102607p:plain

 

 

f:id:lavenderroom0318:20170205100908j:plain

サイズ的には変化はなくても、着る服、選ぶ服や小物が違ってくるんだよね。人生は長いからね。だからそのへんにうまく対応しつつ、自分でありつづける、っていうこまやかなあれこれを大切にしたいです。

きのうある人と話していて、

「こどものころって、なんでおばちゃんたちは、首になんか巻いてるんだろう、って思ってたけど、自分がそうなって、よくわかった。」というような話題。

手首、足首、首は冷やさない。ということとか。

おしりとかふとともとか、太いところは冷やさないようにしないといけないから、長めの丈を着るとか。そういうことなんだよ。こどものころ、若いころっていうのは、そういうのとは関係なく生きている。

 

だから、たとえサイズ的には変化はなくても、着る服、選ぶ服や小物が違ってくるんだよね。人生は長いからね。だからそのへんにうまく対応しつつ、自分でありつづける、っていうこまやかなあれこれを大切にしたいです。

 

っていうわけで今日も、四月ももう下旬になろうとしているのに、やっぱり、首に巻いてるんだよね。羽織るのはめんどうでも、巻くのは手軽で、いいんだよね。出かけるときにもね。

 

f:id:lavenderroom0318:20160225101518j:plain

f:id:lavenderroom0318:20160206142700p:plain

 

 

 

 

いろいろと妥協するのがめんどくさくなってきたので、自分一人で過ごす時間が増えてきて、急に時間持ちになって、いろいろ充実しています。

f:id:lavenderroom0318:20170211150513j:plain

 

なんか、いろいろと妥協するのがめんどくさくなってきたので、自分一人で過ごす時間が増えてきて、急に時間持ちになって、いろいろ充実しています。

ああ、結局いいことばっかりなんだよ。

妥協しちゃだめなんだよ、人生を。

だって、自分の人生は自分でしか守れないんだから。

ときどき、誰かがそばにいれば、それでいいんだ、っていうことがしっかりわかる。

みんなと際限なく仲良くしたとしても、それでなにかいいことがあるわけじゃない、ってわかる。むしろ、ひとりでいたい、とつよく思うようになる。

 

もう、わたしは、それが分かってしまったんだ。

 

f:id:lavenderroom0318:20170129092752j:plain

 

自分より、お金とか社会的な承認とかより、ずっと大切ななにかがあるというのは幸せなことなんだと思います。

今週のお題「自己紹介」

知恵蔵です。猫が好き。

f:id:lavenderroom0318:20170129154440j:plain

 

わたしは、実は打たれ弱く、内面はもうかなりぼろぼろです。でも、まあ、生きていくしかないわけで、どうにか工夫しながら、あれこれいろいろやっています。よく生きてるよな、と自分でも思います。

猫たちのために生きているようなもので、そういう存在があるというのは、やはりありがたいことなんだと思います。自分より、お金とか社会的な承認とかより、ずっと大切ななにかがあるというのは幸せなことなんだと思います。

 

きょうは、ふれあい譲渡会に行ったり、ヴィーガンカフェに行ったりできて、いい休日です。どういう過ごし方をするかで、休日はいかようにも充実するし、また、その蓄積こそが人生なんだろうと思います。

 

f:id:lavenderroom0318:20170131114555j:plain

鹿児島にて:知恵蔵が撮影しました。

 

 

人間はこだわっているように見えて、けっこう変化している。味覚なんかもそうだろう。たとえば、わたしはもう肉を食べない。

今週のお題「自己紹介」 知恵蔵です。

f:id:lavenderroom0318:20170130111553j:plain

 

わたしはデニムが好きで、大学生のころから、ほぼオールシーズン、ずっと履いている。これからもそうだろうと思う。毎日年中履けて、自分で洗えて、トップスを選ばず、とりあえず、それさえあればどうにかなる、という感じが好きです。

 デニムはこの20年、ものすごい変化を遂げた。デニムというのは、硬くて丈夫でごわごわしていて、それがデニムというものだ、みたいなかんじだった。当時は。でも、今はぜんぜん違う。ウルトラスーパーストレッチデニムとか暖レギ、デニレギ、レギパン、いま一番気に入っているのが「chill out」というまあ、いまどきのイカかんじの名前で、つまり「家でごろごろする」的なかんじの意味合いのデニムで、これはもう最高にすばらしい。いわゆる昔ながらのデニムも持ってはいるけれども、なかなか出番が回ってこなくなってしまった。

 

なにが書きたいか、というと、変化するということだ。人間はこだわっているように見えて、けっこう変化している。味覚なんかもそうだろう。たとえば、わたしはもう肉を食べない。肉ばかりでなく、動物性食品は食べない。食べたくないし、食べる必要がないからだ。それぐらい、変わる。「カレーには肉が入っていないといけない」というような思い込み、そう思い込みは「デニムっていうのはごわごわしてて、硬くなければならない」というような思い込みに等しい。それぐらい、動物肉はいらない。いろいろな代替肉があり、肉なしのレシピがあり、動物性食品を食べることで起こるさまざまな災いが分かってしまった今となっては、ただただやめるべきものになっている。

 肉食反対運動をしていると「人間はそんなに簡単には変わらない」というような変な反対?意見のようなものに出会う。いや、変わりますよ、っていうことを書きたかったのです。今日は。

 

f:id:lavenderroom0318:20170205100908j:plain

ひとつひとつ乗り切っていこうと思います。ひとつひとつ、地味に地道に、確実に。

Netflix野武士のグルメお題「ひとり飯」

(この行を消してここに「ひとり飯」について書いてください)

はい。ヴィーガンの人とでないと、一緒には無理なので。

f:id:lavenderroom0318:20170130153210j:plain

 

まあ、あれやこれや、いろいろしながら生きています。仕事、勉強、活動、あたまのなかを整理しながら、どうにかやってます。雨続きで洗濯ものが乾かないのが、困るけど、それが「困る」くらいだから、基本的に恵まれていて幸せなのだと思います。

 銀行とか歯医者とか、美容室とかそういう行かなければならないところには行くわけですよね、生きているわけだから。で、待合室では雑誌などを読みます。ファーなどが使われていないかチェックするという目的もあり、日経ウーマンなども読み、今どきの働く女性のあれこれを読んだりもします。ファッション雑誌でちょっとショックだったのは「4月は春だから、タイツは全力回避」というテーマがあったことです。わたしはぎりぎりまで黒タイツ履いてますね。4月は肌寒いので。連休くらいまでは履いてます。冷やしたくないから。だから「全力回避」の意味が分かんなかったんですよね。タイツを脱げば「春コーデ」になる、というその意味が。そうやって、それを真に受けて、風邪をひいたり、春物を買わされたり、持ち物を増やされたりさせられているんだろうと思います。くだらないですよ、ほんと。タイツさえ履いていれば、コートを脱いでも大丈夫なわけで、できれば履いていたほうがいいと思いますね、わたしは。

 今朝未明、揺れました。去年のことを思い出しました。生きていくのはたいへんですよ、ほんと。だから、くだらないことに振り回されたり、出費させられたりするのをやめないと、いくらでも大変になります。ミニマムであることは省エネです。

 いろいろすることがあって、大変なんだけれども、でも、まあ、ひとつひとつ乗り切っていこうと思います。ひとつひとつ、地味に地道に、確実に。

 

 

f:id:lavenderroom0318:20170205100908j:plain