読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知恵蔵日記( ..)φ

http://ameblo.jp/lavenderroom2009/ ←猫家知恵蔵著「Veganという生き方」はこちらから(*^^)v

闘う赤ずきんでありたい。赤ずきんは実際、勇敢ですよ。母親に嫌われ追い出され、一人で祖母の家に行き、オオカミと闘う。過酷ですよ、女の人生は。

ameblo.jp

 

わたしは、もともとがかなり、メルヘンな語学文学女子で、赤ずきんちゃんの森を、いつも心はさまよっているので、原発反対とかアニマルライツというのは、非常に苦労している。ものすごくリアルな現実に直面しないといけないし、目をそらしてはいけない数々の現実と日々格闘しなければならない。動物たちが酷い目に遭っていることなんてほんとうは考えたくないし、原発のことなんて関係ないと思いたい。ベクレルとかシーベルトとかメルトダウンとかセシウムなんていう理系っぽい単語は、わたしのメルヘンなボキャにはない。だから、日々、すごく苦労している。

 でも、だからやらない、とかわたしには無理とか言い、逃げている人生なんて、嫌だし、さらに辛くなるだけだと思う。政治も経済も好きじゃない。でも好きとか嫌いとかなんていうレベルのことではなく、考えなければならないから考えている。好きなことだけやってればそれでいいなら、わたしもそうしたいけど、そうはいかない。

 メルヘン女のまま生きていたら、わたしはつまらない人間のまま、つまらない人生を送っているだろう。そして、そういう人間がメルヘンをダメにするだろう。過酷な人生や現実と向き合うためのツールがメルヘンである、とわたしは思っているから、赤ずきんの森で、わたしは闘う。だいたいメルヘンて、えぐいし、グロいものですよ。人間のことをほんとうに理解していないと、メルヘンは理解できない。語学だって、なんの意味もなさない。

 闘う赤ずきんでありたい。赤ずきんは実際、勇敢ですよ。母親に嫌われ追い出され、一人で祖母の家に行き、オオカミと闘う。過酷ですよ、女の人生は。

 

 

f:id:lavenderroom0318:20151202075827j:plain