読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知恵蔵日記( ..)φ

http://ameblo.jp/lavenderroom2009/ ←猫家知恵蔵著「Veganという生き方」はこちらから(*^^)v

誰が何を信仰していようと、わたしは全く気にしません。だけど、布教されるのはめんどくさい、というのはあります。しかし、されるのであれば、こちらも真剣に問答しよう、と思います。

今週のお題「今年見に行ってよかったもの」

鹿児島、川内で原発に反対する人々。それぞれの人が、各地で意思表示をしている、ということの希望。あきらめるわけには、いかない。

f:id:lavenderroom0318:20151212141413j:plain

以前、九電前で「フクシマを返せ」と言っている人がいた。気持ちはわかるが、見当違いだと思う。誰が、どこで、何を言うかはそれぞれがその場その場で決定しなくてはならない。

 

 

 

************

 

 地道なひとりNPOですが、毎日いろんなことがあります。今日は、エホバの方に布教されました。動物がお好きで、わたしの活動に賛同しておられ、「猫たちに代わって感謝を申し上げたい。あなたのような慈愛に満ちた方に会えてうれしい。」というようなことをおっしゃったので、「わたしに感謝しても、動物たちは救われませんので、わたしはどうでもいいから、動物たちになにかしてください。」と答えました。

 それからたぶん5分間くらい、エキサイティングな宗教問答がありました。なかなかエキサイティングでした。誰か動画とかにとって、upしてくれていたら、かなりいろんな方への参考になったのではないかと思います。わたしもかなり自分の信念や思想、哲学を話しました。こんなことは日常的にはありません。

 断っておきますが、わたしはこの方たちが嫌いではありません。むしろ親しみを持ちます。「無宗教」と言いながら、信仰がある人たちをバカにし、クリスマスには浮かれ、「日本人は神社に行くものだ」などと何も考えずに生きている大多数の人々より、ずっとずっと好きです。わたしは自信は浄土真宗本願寺門徒なので、阿弥陀如来とか仏、とかそういう世界で育ちましたので、エホバの世界にはわたしはいませんが、浄土真宗以外にも、いろんな宗教や宗派の友人がいままでにたくさんいました。外国人にも日本人にも、在日外国人にもいろんな人に会いました。だから、誰が何を信仰していようと、わたしは全く気にしません。だけど、布教されるのはめんどくさい、というのはあります。しかし、されるのであれば、こちらも真剣に問答しよう、と思います。

原発反対にも信仰心から行う人はいます。安保反対にも宗教者は大勢います。なにもしない無宗教者よりずっと生き生きしています。しかし、その宗教を信仰していればいいのだ、という人たちもいます。そういう人に魅力は感じません。

 そのエホバの方たちにはわたしが、猫の保護活動だけでなく、動物実験反対運動にも参加していること、ヴィーガンであることなども話しました。その方たちはものすごくよく聴いてくれました。それがわかりました。

「わたしも心を痛めています。そういう活動をしている方は多いんですか。」と聞かれたので、「みなさん、心を痛めるだけで、ほとんどの方はなにもされません。なので、現状として悲惨なままです。なので、神様のはなしもいいですが、実際の動物たちのために、具体的になにかしてあげてください。信者のみなさんにも広めてください。わたしに対する感謝も必要ありません。」と言い、宗教問答は終わりました。資料も渡しました。

 

これがわたしの毎日です。なかなか地味で地道で、エキサイティングでしょ。

 

 

 

 

f:id:lavenderroom0318:20151207070729j:plain