読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知恵蔵日記( ..)φ

http://ameblo.jp/lavenderroom2009/ ←猫家知恵蔵著「Veganという生き方」はこちらから(*^^)v

とにかく書く、書く、書く。で、出してしまう。まず、出す、で取捨選択して、なにを残すか考える。で、残ったものを使いこなす。

デトックスデトックスと連呼されているが、ほんとうに大事なデトックスデトックスの本質は「脳内」デトックスだろうと思う。部屋や収納をすっきりさせ、身体をすっきりさせ、腸内を洗浄して、というのは脳内のシンプル化へ至るための手順でしかない、とわたしは思う。そして、もちろんだが、脳内デトックスが最も手ごわい。これに比べれば、部屋の片づけなんて、具体的で初級で、なんてことない。

 脳内にはあれこれいろんなものが詰まっている。思い出したくないこと、忘れてしまっていたこと、なかったことにしたいこと、がわんさか詰まっている。でも、それに向き合うことで、自分がわかるし、次にすることが見える。というか、そうしないと見えない。だから、ここはどんなに忙しくても、いや、忙しい人ほど、やるべきことなんだと思う。この、春先の連休なんかに。

 ブログだとやはり、いろいろかっこつけてしまうし、なんでも書く、というわけにはいかない。だから、やはり、手帳やメモ、ノートなどを活用するのがいいと思う。わたしの場合は、持っているノートや手帳、すべて出してきて、用途別にした。持ち歩き用とか、仕事用とか、かんたんな日記とか、翻訳の下書きとか。なので、紙類もかなり整理できた。なんでも同時に片付いていくものだ。

 そして、何でも書く。とにかく書く。いろんなサイトや活用本も参考にして、付箋なども使って、書く。中古本のサイトから取り寄せたりもした。使っていないポイントで買うので安かった。で、書く、書く、書く。

 インプットは誰でもけっこうある。学校に行くし、まあ、なにかしら読んだりするし、いろいろ頭のなかには入っている。で、そのままっていうケースが多い。買ってきて、そのまま押し入れ、で忘れている、というようなかんじ。もったいない。

 だから、アウトプットが大切になる。こっちはたいへんだ。買ってくるのは簡単だが、それを開けて、説明書を読み、設置し、接続し、使いこなし、…と頭を使う。知識だってそうだ。使ってはじめて「役に立った」と言えるのに、そうでないものばかりが詰まっていたら、頭も使いにくくてしかたない。だから、出す、出す、出す。

 で、これはきつい。ほんとうに体力を使うので、それ以外のことができない。頭がぼーとする。痛い。体が悲鳴を上げる。好転反応だ。でも、ここを乗り切る。それしかない、と自分にいい聞かせる。甘いものが食べたくてしかたなくて、しょっちゅう饅頭とか団子のイメージが浮かぶ。

 そういうあれこれを、やっていくうちに、なんとか、自分のものになっていく。ほんとうに知識が活かされ、道具になっていく。わたしは、道具が必要なんだ、とわかる。

ノートだってメモだって、そのへんにたくさんある。裏紙をカットしても作れる。

だから、とにかく書く、書く、書く。で、出してしまう。まず、出す、で取捨選択して、なにを残すか考える。で、残ったものを使いこなす。

 という日々なので、ほんとうに毎日おつかれなわたし。

 

f:id:lavenderroom0318:20170130092140j:plain

ameblo.jp