読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知恵蔵日記( ..)φ

http://ameblo.jp/lavenderroom2009/ ←猫家知恵蔵著「Veganという生き方」はこちらから(*^^)v

世の中にはいろいろなモノがたくさんあり、使われていなかったり、捨てられたりする。それをなくしていきたい。それを必要としている人や、動物たちがたくさんいるのだ。

思考ばかりでは、疲労困憊してしまうので、なにか実践的、実際的なことを、日常のなかでひとつでもやりたいと思いながら生活している。

 

近所のかかりつけの動物病院の先生と、そのスタッフのみなさんとすっかり顔見知りになったので、なにかお手伝いをしたいと思い、先日ある会合でなにができるか直接聞くことができて、ほんとうによかった。

その病院は、全くのボランティア部門も持っており、そこは殺処分ゼロを掲げて、猫のTNRに取り組んでいて、そこで物資カンパが必要とのこと。現金カンパは受け取らないとのことで、物資にしても新品やわざわざ買ったものではなく、家庭にあるものをなにか、ということらしい。必要なのは、古新聞、タオル、毛布、ペットシーツなどとのことで、さっそくいろいろと集めて持って行った。

そういうことをしている。人に話してこういう活動をしている、と言えば、だれそ持って来てくれるので、まとめて持っていく。

なので、この記事を読んでくださったら、近所の動物病院や、保護団体などの方に直接聞いてみて、それで必要なものを持って行ってあげてください。とても喜んでいただけます。頭数が多いほど、物資は必要です。また、ボランティアでやっている場合は、経済的にもとても助かる。

 わたしはいろんな物資を集めるのがうまくなってきた。なので、動物だけでなく、もちろん人にも必要な方にはどんどん差し上げている。わざわざ買わなくても、世の中にはいろいろなモノがたくさんあり、使われていなかったり、捨てられたりする。それをなくしていきたい。それを必要としている人や、動物たちがたくさんいるのだ。

 

 殺処分をなくすには、猫に関してはTNRしかない、と言いたい。里親は限られている。シェルターにもキャパがある。絶対的な頭数を減らす以外にもう道はない。なので、わたしは地域のみなさんとTNRを協力し合いながらやっていく。近所の動物病院がみなさん熱心でとてもすばらしいので、応援しがいがある。さて、また物資集めの方法を考えるとするか。

 

 

f:id:lavenderroom0318:20151029102453p:plain